最新の義歯

dentist

インプラント行うクリニックは増加傾向

インプラント治療に興味を持つ方が増えています。従来の入れ歯やブリッジなどと比較し、新しいタイプの義歯とも呼ばれるインプラント治療ですが、実は日本でも数十年の歴史を持つ治療法です。日本ではじめてインプラントの手術が行われたのは1980年代のことです。以前から進められていた臨床実験の成果が世界的にも注目を集めていた当時、日本でも初めて手術が行われました。しかし、当時は大学病院や大病院などでのみ手術が行われいたため、なかなか一般的な治療法としては普及しにくかったのです。その後時代の流れとともにさらに研究が行われ、技術や医療機器も普及していきます。その結果、近年では街中の歯科医院でも治療を行うところが増えていて、一般的な歯科医院からインプラント治療を専門的に行う歯科医院まで選択肢は広がっています。

インプラントの人気の理由

インプラント治療が人気である大きな理由が、使用時の不具合が少ないという点です。インプラント治療では、顎骨に歯根となる金属を埋め込みます。この金属部品はやがて骨と結着します。そのため、体の一部となり、力を入れてしっかりと噛みしめることができるのです。取り付ける義歯がずれたり外れたりといった不具合が少ないのも大きな特徴です。また、使用した金属部品は最終的には義歯で覆われてしまうので、見た目にはどこに義歯を使用しているのか区別がつきにくいのも大きな特徴です。前歯をなくした方や若い年齢層の方でも抵抗なく使用することができるのです。こうしたインプラントの特徴から、食事はもちろんのこと日常生活を楽しむことができる義歯として、歯科医院に患者が集まっているというわけです。